骨董品にはたくさんの種類がある

中国古美術品

骨董品のこと中国古美術品の熱は近年高まる一方ですが、中国古美術品の骨董品買取のポイントとして、ここ数年のうちに中国にいった時に、骨董市や美術館で買ってきたというものはあまりいいものとは言えません。

それは、国家文物局は1911年以前の文物=骨董品を国外持ち出し禁止としているためです。点数が多いと無期懲役以上の重刑を受けます。しかしその逆に20年以上前に、日本や中国で入試した中国美術品は当時購入された価格よりも高値で骨董品買取が行われるケースがあります。

中国美術の鑑定は非常に高度な鑑識眼が必要となりますので、中国古美術専門の骨董品買取業者に相談してみてください。

買取業者に相談するときには、できればその骨董品の来歴や概要などを把握しておいたほうがスムーズに査定が進むといえます。

最近では、持ち込みでの鑑定だけではなく、電話鑑定や写真鑑定、簡単なメールフォームに入力するだけで概算を査定してくれるところも存在していますので、ぜひ、自分に合った方法を活用してみてはいかがでしょうか。